これから一般に出回ることはないとされた腱鞘炎改善術を公開します。
もし、あなたが「腱鞘炎をなんとしても解決したい!」と思っているのであれば
ほんの5分だけ、私にお時間をください。

あなたの腱鞘炎の原因と改善の手順をご説明します。
まずは、腱鞘炎の悩みから改善された方の感想をお聞きください。

実践者の皆さんの声

鳥取県 吉田様 54歳

数年前に腱鞘炎と診断されてから、
食事療法や運動療法をやってきました。

症状はそれほど進行しないのですが、
血糖値は思ったように下がらず苦労していました。

食べたいものを我慢しているストレスが溜まりますし、
運動もあまり好きではないのに無理してやっていたので毎日が苦痛でした。

そんな時にアーム☆レスキューを教えてもらったのですが、
無理なくできそうな方法だったので試してみることにしたのです。

すると、口の中が異常に渇くなどの腱鞘炎の症状が、
徐々になくなってきてきました。

血糖値も下がってきたので薬の種類も減りました。

この改善術は私に合っていると思うので、
これからも続けていこうと思っています。


埼玉県 西田様 33歳

会社の健康診断で、
腱鞘炎予備軍だから気をつけるようにと注意されました。

父親も腱鞘炎を患っているので体質的に危ないと思い、
この改善術をやることにしました。

腱鞘炎対策には様々な方法があるようですが、
仕事が忙しい私にとっては、
自分のペースでできるこの改善術が向いていると思いました。

実際にやってみると、
自分のペースや生活リズムに合わせてできる方法だったので助かりました。

マニュアルに書かれていることを忘れないように日常生活を過ごし、
数ヵ月後に再検査を受けたところ、
数値が正常の範囲におさまっていると言われました。

ここで油断をせずに、
これからもこの改善術を実践していきます。

なぜ?

信じられないかも知れませんが、上記の腱鞘炎改善の実践者のかたたちは
短期間ほんの少しあることを行っただけで
腱鞘炎を改善していったのです。

強引な方法や危険な薬は一切使わないのはもちろんです。
当たり前ですが手術をするということもありません。

その場しのぎでは腱鞘炎を一時的には消すことができても根本的に改善することはできません。
腱鞘炎改善で必要なことは根本的な腱鞘炎改善を体にやさしい方法で治すことが重要です。

いったいどんな、腱鞘炎改善の方法を実践したのでしょうか?

これから、あなたの腱鞘炎の悩みをいきなり解決してしまうような
お話をさせていただきますがビックリ!しないでくださいね。

腱鞘炎の悩み、いろいろあると思います。

「全身がだるい、疲れやすい…」
「立ちくらみや手足のしびれ…」
「トイレに行く回数が多い…」
「血糖値がコントロールできない…」

いろいろと考えてしまうことあると思います。
そう思ってしまう、あなたの気持ちがわたしにはよくわかります。

わたしも同じような、腱鞘炎の悩みを強く抱えていましたから…。

周りには…

「たかが腱鞘炎なだけでしょ?」
と思われてしまうこともあります。

しかし、本人は真剣に悩んでいるわけです。

でも、安心してください!

私がこれから腱鞘炎の改善方法を教えますから。
よいきっかけになっていただければ幸いです

はじめまして、坂巻といいます。
腱鞘炎改善アドバイザーとして多くの腱鞘炎でお悩みの方の
相談にのっています。

腱鞘炎といってもさまざまで、たくさんのケースがあります。
すぐに治さないと危険なケースや逆に治さなくても良いケースなど…。

気になるのであれば治すことをおすすめしています。
気になっている時点で何らかのストレスや生活に支障が出ているからです。

私がもっとも気にかけていることがあります。
それは、ほとんどの方が間違った認識をもっているということです。

間違った認識による、間違った改善方法を行ってしまうために
悪化させてしまうケースや体調不良を起こすケースがあります。

腱鞘炎に対する正しい知識を身につけてほしく、
気がついたら「正しい、腱鞘炎改善方法」を広めたいと思うようになりました。

多くの方の症状をみていると正しい改善方法がわかってしまうのです!
いろんなケースの症状のご相談に応じて来たので原因がわかってしまうからです。

私の人生ともいえる、
これまでの経験や試行錯誤の実体験を使って
完成した腱鞘炎改善術のお話をさせていただくのですが
その前に私自身に起こった体験をお話しさせていただきたいと思います。

きっと参考になると思いますのでお付き合いください。

腱鞘炎との長い付き合いの始まり

私が腱鞘炎になったのは、中学二年生のときです。

それまで腱鞘炎のけの字も縁のない、自分で言うのもあれですけれど、
「健康優良児」を絵に描いたような児童でしたので、

その症状が出たときも単に、
寝違えたかなとか、筋肉痛かなとか思うばかりでした。

主な痛みの箇所は、右腕の付け根でした。

いえ、付け根がピンポイントで痛いというのであればまだ
いいのですけれど、何と言えばいいのでしょうか、

付け根が発端となり、周囲に響くような鈍痛を
伴っていたので、なんとなく気持ち悪いなと思いながら
日々を過ごしていたのです。

寝違えたとか筋肉痛とかなら、遅くとも一週間もすれば
引いていくはずです。

けれど、痛みはいっこう引かず、かといって悪くなることもせず、
付け根はするどく、周囲は鈍く、痛みがずっと続いたのです。

私は軟式テニス部に入っており、フォームを無視して力まかせに
ラケットを振ってしまうことが時折ありました。

また、勉強の方では、シャープペンシルを、こう、赤ちゃんが
スプーンを強く握り締めるのに似た、少し変な持ち方でもって
書いていたので、手の筋が常に引っ張られていたのです。

悪化することはありませんでしたが、一番痛む付け根を
軽く押してみると激痛が走り、もしかしたら危ない病気
かもしれないと思い病院を訪れました。

症状を話すと、すでに何かしら目処を立てた医師は、私にこう
聞いてきました。

「何か腕を使う運動とか、勉強熱心だったりしますか?」

医師の意図するところが判りませんでしたが、
聞かれたまま、テニスをしていること、またペンの持ち方について返答しました。

「ちょっと握ってみて」という医師に言われるがまま、
私は渡されたペンを、いつもの持ち方で握りました。

医師は若干眉根を吊り上げました。

「もしかしたら…ちょっと腕見せて…たぶん」

医師は私を正面から見据えると、言いました。

「あなたは腱鞘炎です」

腱鞘炎……?

腱鞘炎というと、なにかこう、年配の方がなるような、
関節痛の親戚のような病気だというイメージがなんとなく
あったので、それが自分にあるのだというのは、

不謹慎ですけれど、少し滑稽にすら感じました。

私は医師に言われたように、筋を張るようなペンの持ち方
をなるべく(あるいは長時間にわたっては)しない、
風呂に長時間浸かるなど意識して患部を温め血行をよくする、
など、生活習慣をある程度変え、自然治癒を目指すことにしました。

また、書籍やネットなどを調べ「これは良さそう」と感じたものを実践するなど、
とにかく能動的に、早い腱鞘炎の治癒を目指しました。

とにかく騙し騙し、学生生活を送りました。

結局、良くなることも、悪くなることもなく、
私はそのまま社会人となったのです。

慢性化した腱鞘炎のおそろしさ

社会人となった私は、営業職ではありましたが、契約書や
顧客管理など、ともかく様々な場面でパソコン、つまり
キーボードを打つ機会が多くなりました。

私は学生時代に腱鞘炎について熱心に調べていた時期があり、
そのときに、パソコンを多用することも腱鞘炎になる原因
あるいは悪化させる要因であることを知りました。

しかし、それまでも騙し騙しやってきて、悪化はさせなかった
という変な自信、またそんなことを言っていたらどこも雇って
くれないという諦めから、私はキーボードを駆使しました。

社会人になってからしばらくしても、それまでの慢性的な
痛みはあっても、悪化する気配もなく、これならなんとか、
腱鞘炎と共存しながら今後の人生を送れそうだ、と

安心にも似た気持ちを感じました(根本的には何も良くないのですが……)。

そうして、半年ほどが過ぎたある日のことです。
その日も、私は職場にいました。

半年過ぎてもまだまだ新人の私は、作成途中の書類を作成するために、
誰よりも早く職場にいました。

ガラス越しに差し込んでくる朝日を背に、私は自席のパソコンと対峙しながら、
オフィス中に、一人、キーボードの音を響かせていました。

デスクには大好きなコーヒーが匂いを静かに放っています。
小さく息を吐きながら、コーヒーを飲もうとカップに手を伸ばしました。

その瞬間でした。

右腕の付け根に、まるで落雷があったような、激しい痛みが襲ったのです。

私はエビのように身を弾ませ、反動でカップを床に落としました。
身体中から湧き上がってくるじっとりとした嫌な汗。

腹部がさーっと冷えていき、それまで感じることのなかった猛烈な尿意。

私はわけも判らず、その激痛の走った部分を撫で続けました。

しかし、痛みはそれまでとは違い、なかなか引きません。

そうしているうちにも悪寒が襲い、私はまるで傷を負った兵士のように、
おぼつかない足取りでトイレへど向かい、用を足しました。

幸い、勤務時間が始まってからは、なんとか仕事に集中するようにし、
そのうちに痛みは気にならなくなりましたが、帰りに医院へ行きました。

その日の朝に起きたこと、昔から腱鞘炎を患っており、
慢性化していたことなどを医師に伝えました。

医師は、とても穏やかな調子で言いました。

「そうなんですか。完全に慢性化していますね。」

いえ、慢性化しているのは判っています。
それに加え、悪化しているのです。

だから来たのではないですか。

「そうなんです、慢性化しているのです。で、今朝の激痛なんです。
先生、どうしたらいいでしょうか」

私は懇願するように医師に尋ねました。

「どうしたらって……、最初別の病院で診てもらったとき、
なんて言われたの?」

「その言われたことは続けてきました。
でも今朝悪化しちゃったんです」

「うーん……どうするかな。基本的に腱鞘炎は、そうやって
地道に治していく他ない病気だからなあ。あとは、熱いお湯に
浸かって血行をよくするとか……」

「職場でキーボードとかをよく使うのですが、それは続けていいのでしょうか。
自分で調べたら、それはあまりよくないと」

医師の表情が段々苛立ちを含んできました。

「あのさあ、調べたんだったら、そうすればいいじゃない。
あなたが立派にお調べになったことは、その通りだと思います。
私も言えることは、そのぐらいしかありません」

少しずつ改善させていくしかない!

この後ちょっとしたいざこざがあったのですが、
さして書く必要がないのではぶきます。

ともかく、私の腱鞘炎は悪化しており、また、
基本的な改善方法は昔聞いたことと変わりないということを知りました。

何年にも渡って、騙し騙しやってきた程度の腱鞘炎。

慢性化しているそれが悪化し、それを改善させることなんて、
できるわけない、私は率直にそう感じました。

朝オフィスで感じた、筋が引きちぎられるような痛みを思い出し、
じっとりとした冷えた汗を感じました。

パソコンは現代社会において必須です。

腱鞘炎軽減のためにキーボードを操る機会を減らして欲しい
などということを、まさか上司に言えるわけがありません。

そんなことを言ったら、確実に、私の首は飛ぶでしょう。

また、ペンの持ち方やテニスのフォームとは違い、
キーボードの打ち方の矯正などはありません。

したがって、キーボードを触れることは、イコール、
腱鞘炎の悪化なのです。

めまいがしてきました。

朝感じた激痛は、とりあえずのところ、発作のようなものだと思います。
けれど、発作はいつ起きるか判らないから発作なのです。

もしかしたら、今後、仕事中、大勢の人前で酷い痛みを感じ、
その場でバネのようにはねてしまうかもしれない。

その光景を想像しただけで、あまりにも滑稽で、不気味で、
羞恥を感じ、内が熱くなるのを感じました。

どうして若い盛りの自分が、腱鞘炎に苦しみ、
しかも、ここまで追い詰められなくてはならないのだろう。

人生が終わっていくような気がしました。

暗闇の帰路を歩く私は、まるで、死刑を宣告された囚人のように、
絶望的なものなのでした。

しかし、だからといって、諦め、全てを投げ出してしまうのには、
まだ早いと思いました。

学生の時分は、使えるお金は限られていたので、
ネットで調べた手ごろな方法を、あれこれ試していたのですが、
社会人になったので、ある程度お金をつかった方法を試すことができるようになりました。

私は再度インターネットで、今度はお金のかかる治療法を洗いざらい調べてみて、
リストアップし、それを順々に試していくことにしました。

例えば、市販の割合値段のはる湿布薬を患部に貼る、
あるいは評判の良い整形外科で、患部に注射を打ってもらう、
針治療……。

また、緊張し強張った手首を解すと腱鞘炎が軽減される場合があるということを知り、
手首にテーピングをしていた時期もありました。

患部を保護する意味で、サポーターを使用したこともありました。

その甲斐があってかどうかは判りませんが、それから3ヶ月程は、
例の発作のようなことはなく、学生時分から続く、時折感じる
患部の痛みや周囲の鈍痛があるのみでした。

私は、もしかしたら快方に向かってるのかも?
と浅はかな安堵を感じました。

けれど、浅はかな考えは、やはり浅はかでしかないのです。

改善なんてしてなかった!

その日は、ついにやってきました。

大学を卒業し社会人になって、1年が経とうとしていました。

少しばかり仕事に慣れ、生活のペースも掴み始めていた私は、
それまではよく朝一番に会社に来て、慣れない書類作成に
目を白黒させていたのですが、

作成の手順も掴み、朝一で行く必要のないほど、
スピーディーかつ正確に作成をすることができるようになったのです。

その日、朝礼を終え、書類作成の取り掛かりました。

得意先に渡す見積書の作成です。

雛形は作ってあるので、必要箇所を微修正するだけという
簡単なものです。

私はそれに取り掛かり、キーボードを軽やかに叩いていました。

が、突然、あのときの感覚が私の右腕の付け根に直撃したのです。

落雷にあったような、あるいは、いきなり、研ぎ澄まされた
剣で深く突き刺されたような、鋭く、強烈な激痛。

「うわっ!!!」

その場で、絶叫をしてしまいました。

完全に油断しており、自分でも何が起きたのか、
それを理解するのに、数秒かかりました。

席から崩れ落ち、あの日のように患部をもう片方の手で押さえ、
眉根を寄せ、その津波のように押し寄せてくる痛みを
ただただ、引いていくのを願うばかりです。

その内に、その痛みはなぜか、頭のほうにまで移って、
頭痛を感じました。

また、脂っこい冷たい汗が額から流れ、猛烈な尿意、便意が
私を翻弄します。

そうかと思ったら、今度は腰の方にまで、しびれるような、
じわじわとした痛みが広がっていき、
やがて、気づいたときには気を失っていました。

気を失っていたのはほんの一瞬でした。

一分もしないうちに意識を戻したのですが、
身体中に血が巡っていないような感じで、
仰向けになったまま動くことができません。

周囲に集まる同僚や上司達が、心配そうに私の顔を覗いています。

口々に、「大丈夫!?」という言葉を発しながらも、
その中に、好奇というか、無遠慮なものを感じ、
自分の内で、やり場のない羞恥心がこみ上げてきます。

結局、しばらく起き上がることができずに、職場の休憩室で休ませてもらい
その後帰らせてもらったのですが、それ以来、精神的なものも手伝ったのでしょう、

腕の慢性的な痛みはもちろんのこと、頭痛やめまい、
あるいはしばらくしゃがみ込んでしまうほどの腰痛など、
別の症状も現れるようになったのです。

また、職場で前述の一件があって以来、何か引きずられるものが
自分の中にできてしまい、後ろ向きで、暗い振る舞いも
気づかないうちに増えてくるようになったのです。

単なる疲労による疲れだと上司にいったものの、
今後頻発することも考えられます。

同じ言い訳は通用するわけもなく、したがっていずれ
本当のことを言うことになるでしょう。

それを正直に言った場合、パソコンすら扱えない私は、
会社から厄介払いされるでしょう。

……いったい私が、なにをしたというのでしょう。

何もやましいことをせずに、レールにしたがって、
正しく生きてきたというのに。

気分はどんどん沈んでいき、やがて、
自宅にいようが職場にいようが、常に暗澹たる思いが
自分を包囲するようになりました。

その悪夢のような暗い気分の中、私を現実に引きずり戻すのは、
他ならぬ、腱鞘炎の痛みでした。

腱鞘炎であることをつい忘れ、動きたいように動くと、
まるでスパルタ教育を受けているように、すぐさまズキンと痛むのです。

腱鞘炎と心中しようか?

ともすれば、そんなことも考えました。

私の人生を滅茶苦茶にした憎い腱鞘炎が治らないのならば、
私の肉体ごと殺してしまえばいい。

そう考えたのです。

ほとんど狂人に近い形で、一番痛む、発信源のようなところを、
頭を振り乱しながら、何べんも叩いたり、わけもなくひっかいたりもしました。

そんなことで治るなんて考えていませんで、単に憎悪の感情が
こみ上げてきて、そうさせたのです。

私は、あのとき、ほとんど狂っていました。

次、またあの発作のようなものが職場で起きたらば、
職場を辞めるか、場合によっては死ぬかしようと考えました。

ひょんなきっかけから見えてきた腱鞘炎改善の糸口

ところで、こうして苦しんで自暴自棄になっている間、
治癒に向けて何もしていなかったわけでもありません。

どうせ治ることもないんだし、何をやってを無駄だ、
そういう考えも当然ありましたが、それと同時に、

何かをしなくてはどうにもならない、という気持ちも
あわせてもっていたので、そのわずかな気持ちを頼りに、
ネットで調べて良さそうだと思ったものを中心に、

細々と、実践していたのです。

すべて、ちょっと良くなったかな? と気のせい的に感じる
ことは時折あっても、目立った効果はありませんでした。

職場での二度目の発作があってからは、気持ち的にどん底まで落ち、
それからはほとんど全てに対する意欲がそがれ、
それまでほど熱心に実践はしていなかったのですが、

ほとんど習慣的に、継続して行っていたことがありました。

スーパー銭湯通いです。

私が腱鞘炎を発症した中学生のときから、炎症を起こした筋をほぐすため、
お風呂は意識して入っておりました。

この方法だけは、元々風呂好きだったということもあり、
続いていたのです。

そうしてお金をある程度稼げるようになってからは、
週末や本当に疲れたときなど、スーパー銭湯でゆっくりすることが、
ある意味日課となっていたのです。

スーパー銭湯はお風呂だけでなく、食事やマッサージ、
あるいは散髪など、様々なサービスを同じ空間で受けられ、
本当に便利です。

その日も私はスーパー銭湯に足を運んでいました。

様々な種類の薬効温泉や、水風呂、サウナなど、
たっぷり2時間ほど回り満足し、私は風呂を出ました。

温まった身体で店を出ようとすると、床屋さんが目に入りました。

そういえば髪伸びたな。

ついでだしと、私は床屋さんに入りました。

洗髪台であお向けになり、顔にタオルをかけられます。
シャンプーが頭にかけられ、理容師さんが両手で私の頭を刺激します。

いつも思うことですが、床屋さんで頭を洗ってもらうと、
どうしてこんなに気持ちがいいのでしょうか。

ほとんどうっとりしたような気分で、その感覚を楽しみます。

指を硬く尖らせた理容師さんは、上から下、左から右へと、
滑らかに、けれどしっかりと頭皮を揉みます。

気持ちがよく、頭のみならず、全身が正常化していくような
感じになりました。

そうしている内に、私はちょっとした衝撃を感じました。

私は、それまで書籍やネットを通じ、腱鞘炎に関する事柄を調べつくし、
もう、ほとんど調べることはないと思っていました。

けれど、木を見て森を見ずとでも言いましょうか、
右腕の付け根、という部分ばかりを意識しすぎて、
それ以外からのアプローチを、ほとんど考えたことがありませんでした。

頭からつま先。

いくら離れていようとも、身体は一つ、従って全てつながっているのです。

もしかしたら……。

その可能性を感じたときは、やはり「どうせ……」という思いもありました。

しかし、やってみないと判らない。

これが最後のつもりで、徹底的に調べ、結果を上げてみせる。
湧き上がってくる意欲は、小さく燃える炎のようでした。

こんな方法で?自分自身でも驚いてしまった劇的改善

私が感じた可能性は、それまでの「入浴をする」とか「灸病院に通う」とか、
既存の方法ではなく、一から独自に調べる必要があるものでした。

ネットで調べるという方法もありましたが、
あえて、図書館の本を中心に調べることにしました。

古いシンプルなことが書かれている書籍にこそ
私が知りたい事柄が載っていると考えたからです。

全身のツボについて書かれている本や、風邪予防のトレーニング、
またはうつ病と脳の関係など、一見するとどれも関連のない書籍ですが、
その中で、私が必要と考えた箇所を、コピーし、また単語を書き出し、文章化し、

またそれらを吟味し、そこから得られた結論を、
自分が最初に考えた事柄と連携できるような一つの実践内容に仕上げたのです。

その最終型とも言える方法は、自分でも驚くほどに、単純で、
簡単なものでした。

こんな方法で?

自分でも苦笑してしまいました。

ともかく実践してみよう。
さっそくその方法を開始しました。

長時間を要したり、肉体的負荷が伴ったりすると、継続が難しいものですが、
これは何気なくでもでき、一週間ほどが経ちました。

前述しましたが、ちょっとした拍子に右腕に激痛が走ることが
しょっちゅうでした。

それが、自分でも少し信じられなかったのですが、
ほとんど痛みを感じなくなっていたのです。

炎症のある付け根部分を圧迫してみると、確かに痛みはあります。
それが、炎症が軽減されたのでしょうか、
痛みが大幅になくなっていました。

えっ? 拍子抜けとはまさにこのことです。

試しに、大きく腕を振り回してみました。

やはり、少しズキッと痛むことこそすれ、それまでの痛みとは
明らかに違い、深刻に感じる類のそれではなくなっていたのです。

完治するかも。

ほとんど、確固とした自信となり、引き続き、
その方法を実践しました。

2週間が経ったころには、同じように患部を圧迫しても、
全く痛みを感じなくなっていたのです。

強く叩いてみたり、壁に向かってわざとぶつかってみたり、
色々な衝撃を加えてみましたが、その衝撃の痛みを感じる
ことはあっても、患部に響くような痛みはありませんでした。

ある程度信念と自信を持って実践してきましたが、
まさかここまで如実に効果が現れてると、
少し、不気味な感じすらしました。

今では、何かの拍子に右腕が痛くなることはおろか、
職場であの発作が起きることもなく、
精神的にも安定し、公私共に健康的な生活を送っています。

手に入れた腱鞘炎と無縁の日々……

ところで、私の学生時代の友達に、
同じように腱鞘炎に苦しんでいるのが2人いました。

二人とも、私ほどではありませんが、慢性的に苦しんでおり、
大学卒業後は連絡をしていませんでしたが、この方法を教えようと
久しぶりに連絡をしてみました。

久しぶりに話し、腱鞘炎の調子を聞いたところ、
「まだよくならない。お前のとは違って、何かの拍子とかじゃなく
常に鈍痛が響いてる感じだから辛い。お前はどうなんだ」

ということだったので、さっそく、私が編み出した方法、
この方法でたった三週間でほぼ完治してしまったことを話しました。

「うそくせー、そんなんで良くなるんだったら医者なんかいらねーよ」
と友達は言います。

ああそう、ならご自由にと言うと、
「大した労力じゃねーしやるよ」
と、彼は応じました。

同じようにもう一人の友人にもそのことを話し(彼は真面目だったので、
減らす口を言わず、やる!と快諾してくれました)彼らの返事を待つことにしました。

2週間が過ぎた頃、友人の一人から電話がかかってきました。

「お前、これ本当にお前が考え出した方法なの?
今日で調度2週間だけど、全然痛まないんだよ」

常に鈍痛が広範に広がっていた彼の腱鞘炎は、
彼いわく、8割方良くなっており、引き続き私の方法を実践するとのことでした。

それから二日後に、もう一人の友人からも同様の連絡があり、
私の方法が実証されたと思いました。

この自分自身の経験を通して感じたことは、腱鞘炎というのは、
思った以上に苦痛を伴い、治りにくい場合が多いということです。

これをご覧になっている方も、同様の方が多くいらっしゃるはずです。

私はその方々の苦しみ、辛さというものを、ある程度慮ることが
できると考えております。

この方法を、自分一人が治ったからといって、それでおしまいに
するのではなく、より多くの人々に、同じ喜びを感じてもらい、
普通の生活を楽しんでもらいたい。

いつしかそう考えるようになり、こうして実践方法をマニュアル化しました。

これには私が長い年月をかけ感じた苦しみ痛み、そこから得られた努力など
様々なものが凝縮されています。

この実践法をご覧になり、少しでも多くの方々に、腱鞘炎の苦しみを感じることが
なくなるのを、願ってやみません。


これまでに、数百人を超える皆さんに腱鞘炎の改善方法をアドバイスしてきましたが、
この経験が私がアドバイザーとしての第一歩となる出来事だったのです。

今回、お話しさせていただく腱鞘炎の改善術ですが、
この方法から重要な部分を一層肉付けし、さらに試行錯誤して
誰でも、出来るだけ効果的に使いやすくしたものです。

根本的解決はどうして難しいのか?

本題に入る前に、腱鞘炎の根本解決についてご説明します。
唐突ですが…

あなたは今までどんな腱鞘炎改善方法を試しましたか?

市販されている本や雑誌を読んで実践したり
整体とか鍼灸とかを試してみませんでしたか?

でも、結果的にほとんど効果はありませんでしたよね。
効果があったらこのサイトは見ていないと思います。

まず、1番重要なのは根本的に改善できるかです!

前にも話しましたが、
私自信、あらゆる腱鞘炎改善に結びつくと考えられる
腱鞘炎改善方法をたくさん試してきました。

本や雑誌もたくさん読みましたし、
病院にも専門医にも診てもらいました。

これで、腱鞘炎が治ってしまう場合もあると思います。
それはそれでうれしい限りですが、なかなかうまくはいきません。

間違った腱鞘炎改善方法では
逆に、腱鞘炎を悪化させてしまったり
体にダメージを残してしまう可能性もあります。

間違った改善方法を、これ以上やってはいけません。

言いたいことはわかったけれど本当に自分でできるのか?
腱鞘炎の改善には難しい知識が必要なのではないか?

と、思われたかもしれませんね。

この腱鞘炎改善術に難しいことはありません。

誰でも簡単に腱鞘炎が改善する秘密とは?

どんな症状であっても腱鞘炎は改善できるものなのです。
それをあなたにも今すぐ実感していただきます。
こんなに調子が良くなるのか!とビックリするかもしれません。

腱鞘炎を悪化させやすい人、すぐ治せる人の違い

腱鞘炎がすぐ治った人達には“ある”共通項があります。
それをマスターできれば、あなたが三日坊主でも、気分が
ノッてなくても、面倒くさがり屋さんでも、全く関係ありません。

20秒でわかる!あなたの腱鞘炎の状態

あなたの腱鞘炎が、今どのような状態なのか20秒で把握する
ことができます。現状を素早く的確につかむことで、無理なく
短期間で腱鞘炎を改善できるようになるのです。

腱鞘炎の症状を楽にする2つのポイント

ある重要な部分だけを意識して実践することで、
今のツラい症状を和らげることができます。
腱鞘炎対策において重要なことは実はそれほど多くはないのですから。

95%の人がもっている「腱鞘炎に関する誤解」とは?

「この薬を飲めば安心」「~なので病院に行くべき」など、
多くの人が信じている“腱鞘炎に関する常識”は、ただの噂
かもしれません。本当はもっと効果のある方法があるのに…

腱鞘炎にとても効果のある“驚きの食材”とは?

食のプロも大絶賛!研究者もその効用に太鼓判を押す
腱鞘炎によく効く食材があります。意外に身近なものなので
驚くかもしれません。タイミングや食べ方がポイントです!

腱鞘炎で気分が落ち込んだ時でも、前向きになるコツ

ストレスが溜まっていると感じたら要注意!
カラダとココロはつながっているので、症状も悪化しやすいです。
ここではストレスを一発解消し、みるみる元気になるコツをお話します。

正確に知っておきたい腱鞘炎の正体

正しい知識は重要です。腱鞘炎について何となくしか知らず、
適当に対処しているうちにだんだん症状が悪化していく
ケースを沢山見てきました。正確な理解が改善を早めるのです。

腱鞘炎を克服すると、他の病気も良くなるワケとは?

この方法を実践しているうちに、10年以上患っていた他の持病も
治ったという嬉しい声を多数いただきました。実は腱鞘炎が
改善されると他の症状も自ずと改善されるのにはワケがあります。

腱鞘炎が良くならない理由はここにあった!

どれだけあなたが一生懸命努力しても、治す方向が間違って
いたらいつまで経っても良くなりません。時間のロスですね。
腱鞘炎克服への近道を学んで、そんな無駄を無くしましょう。

薬を全く使わずに腱鞘炎の改善に成功した方法とは?

処方薬には即効性があるものもあり、一時的には楽になります。
ただ、それは単に症状を「抑え込んで」いるだけ。根本から
解決してしまえば、もう薬の副作用を心配する必要もありません。

腱鞘炎がツラくて寝られない方へ。不眠症の改善策とは?

腱鞘炎で悩んでいて、なかなか寝つけない日があるかも
しれません。そこで今回、不眠症対策も合わせてお話します。
この方法を知れば、あなたも明日からスッキリ快適な毎日を送れます。

腱鞘炎を治す上で必要な「シンプルな鉄則」

腱鞘炎を改善する上で理解しておくべき「鉄則」があります。
知っておくだけでも回復スピードが全然違う、その秘訣を大公開。
あなたは腱鞘炎改善の秘訣があるとしたら何だと思いますか?

腱鞘炎を克服して5歳若返った!

腱鞘炎を治した途端に「3歳若返ったね」「5歳は若く見える」と
よく言われるようになります。身体に負担をかけていた日々と
サヨナラし、イキイキとした毎日を取り戻してください。

腱鞘炎の原因を根本から断つ3つの方法

腱鞘炎を根本的に解決する3つの方法を紹介します。
この3つの方法だけでも大幅に腱鞘炎が改善されるはずです。
まず手始めに行なっていただく改善方法です。

私は一生腱鞘炎を恐れなくてはいけないの・・・?

答えはNO!です。何歳からこの方法に取り組んでも大丈夫。
今までうまく行っていなくても、心配しないでください。
あきらめる必要はありません。楽しく取り組んでいきましょう。

実は腱鞘炎に効果のある裏ワザとは?

これってホント?こんな方法が腱鞘炎に効くんですか? と思うかもしれません。
はい、本にも載っていないような裏ワザですが、
実はみるみるうちに良くなっていくのです…

医者さえ知らない腱鞘炎改善の方法とは?

お医者さんが全てを知っている、というのは大きな誤解です。
腱鞘炎の苦しみを味わった者、そしてそれを克服した者しか
お伝えできない方法があるのです。それは・・・

危険な腱鞘炎の特徴とは?

安全な腱鞘炎がある一方で、症状から見てすぐに医師に相談
した方がいい危険な場合もあります。深刻な病気が原因である
可能性も考えられるため、適切な判断基準を持つことは重要です。

ココロもカラダもリラックスする音楽CD(冊子版のみ)

腱鞘炎改善に取り組む際、リラックスした環境で行なうことで
その効果は倍増します。ここでしか手に入らない特製の音楽CD
をつけますので、これを聞きながら是非おやってみて下さい。



この腱鞘炎改善術を使った後のあなたの生活は
かなり楽しいものへと変化していくでしょう!

難しいことは何一つありません。

マニュアルの内容にしたがって進めていくだけです。
とにかくどなたでも実践していただけます。


もう、無駄なお金を腱鞘炎改善につぎ込む必要はありません。
これ以上、ストレスを抱えて腱鞘炎で悩む必要もありません。

自分が腱鞘炎で悩んでいたことさえも忘れてしまうかもしれません。

腱鞘炎を改善できる人と改善できない人の違いは、
上記の方法を知っているか?知らないか?
それだけの違いだったのです。

つまり、この知識とあなたの実践があれば
腱鞘炎改善が十分に可能ということなのです。

あなたも1週間後、2週間後と実践していくうちに、
自然と「あれっ、なんか、血糖値がよくなっているな…」と驚かれるとおもいます。

腱鞘炎を改善すると生活がすっごい楽しくなりますよ!
好きな事をたくさんしてくださいね!

"多くの方が、この腱鞘炎改善術で腱鞘炎を治しています。"

今まで10年以上に渡って、私の腱鞘炎改善法を試してきました。
本当にたくさんの方の腱鞘炎の悩みを解決できてうれしく思います。

現在でも多くの腱鞘炎で悩んでいる方が
私の元でこの方法を実践して、
ほとんどの方が腱鞘炎改善に成功しています。

すべての人に共通して言えることですが、
この方法を忠実に実践して頂ければ自然と腱鞘炎は改善されていきます。

早ければ10日程度、遅くても数週間程度で効果を実感いただけると思います。
なるべく早くに効果が実感できないと続けることが困難になりますので
早い段階で実感いただけるようにこだわりました。

私はとにかく結果にこだわって、
この腱鞘炎対策術を作り込んできました。
きっと、あなたにも実感していただけるはずです。

"この腱鞘炎改善術はどなたでも実践していただける内容です。"

この腱鞘炎対策術を実践するにあたり、
難しい知識や難しい方法は一切ありません。
だから続けられるのです!

また、マニュアルを読みながら進めていくだけでいいので誰でも行えます。
さらに、どんなに仕事で忙しい方でも、ちょっとの隙間時間にできてしまうので、
気軽に腱鞘炎を改善させることが可能になります。

1日数十分程度の時間で行っていただけます。
もちろんお金もほとんど使いません。

もし今あなたが、どんなに忙しくて時間がないとしても、
腱鞘炎対策術を身に付けて一つ一つ実践していくことにより、
腱鞘炎を改善させることが可能となるのです。

"今まで腱鞘炎改善のノウハウとは全く違ったとても効果的な方法です。"

これまでに、たくさんのお金を腱鞘炎改善費用にあててみたり、
多額のお金をかけて病院へ通ってみたり、
腱鞘炎対策の本・雑誌をたくさん読んでみた…。

それでもダメだったという人もたくさんいると思います。
もし、あなたもその中の一人だとしたらご安心ください。

お教えする腱鞘炎対策術では、
世間一般的に言われている方法は、ほとんど使っていません。
書店でも、まず手に入るとは無いと思います。

違った観点から見た、今まで気付かなかった腱鞘炎の原因、
まったく新しい腱鞘炎対策を取り入れて自然に腱鞘炎を改善させます。

今まで試した方法がうまくいかなかったからといって諦めないでくださいね。
この腱鞘炎対策術は、あなたのライフスタイルを改善させることができるのですから。

あなたならこの商品に一体いくらの価値をつけますか?

今回の商品制作にあたって、私が多額のお金と膨大な時間をかけて
見つけた方法を使って制作してあります。

これまで実践を重ねて多くのかたに効果を実感していただけるように
試行錯誤を繰り返してやっとの思いでできた腱鞘炎改善方法です。
この方法はまず、一般には出回っていません。

もちろん、このようなことは言わなくてもわかっていると思います。
「最低でも10万円くらいはしそうだなぁ・・・?」
と、思う人が多いのではないでしょうか?

しかし、この方法を実践することによって、

結果の出ない腱鞘炎対策にお金を使ったり、、無駄な金額を使い続けたりしないで
腱鞘炎改善を手に入れることができるなら、私はそれでも随分安いと思います。

ただ、私がこの商品の販売を決めた大きな理由は、

「つらいままで腱鞘炎を悩み続けている…」
「どうすれば腱鞘炎が解決できるのか全くわからない…」
「薬等も効果がほとんどなかった…」
「何をやっても血糖値がよくなってくれない…」
「少しでもいいから、腱鞘炎をなんとかしたい…」などなど

様々な理由で悩んでこられた方に、
諦めなければ効果的であり最短距離でもある、
腱鞘炎改善方法があることを

1人でも多くの方に知ってもらいたかったからです!

腱鞘炎を改善してきた一人の人間として言います。
あなたの腱鞘炎の悩みを解決したいのです!
同じ悩みを持つ、あなたの力になりたいだけなのです。

そこで今回は色々と考えた末、
本商品を24,800円(税込)でご提供させていただくことにしました。

もしかしたら、中には「高い!」と思われる方もいるでしょうが、
年間で月に換算すれば2,000円程度です。

もちろん、この価格が妥当かどうかはあなた自身が判断し決めてください。

しかし、たった一つだけ言わせていただけるとしたら、
この方法を知ることにより腱鞘炎が改善されていき、

腱鞘炎対策用品や医療機関を使わなくなるということは、
それだけでも最低数十万円の出費をおさえることになるのです。


頭の回転が早い方であれば、
この方法がどれだけ経済的なものなのか気付いているかもしれませんね。

どんなにやっても治ることのない腱鞘炎の悩み…
きっとこれが最後の悩みになります。

ちょ、ちょっと待ってください!!

先ほどもお話しした通りですが、
私は一人でも腱鞘炎の悩みの方のお力になりたくて
今回、アーム☆レスキューを監修しました。

私は、この強い思いをどうしても止めることができません。
少しでも多くのかたを救いたいのです。

そこで、なるべくたくさんのかたにアーム☆レスキューを知ってもらうため
今なら特別価格の9,800円(税込)にて
本商品をご提供させていただくことにしました。

ただし、特別価格でのご提供には数量を限定させていただいております。
限定数量の50部を超えた時点で24,800円になります。

それでは、最後の最後にもう一つだけお聞きします。

あなたは、数十万円もかけて体を傷つけながら今の方法を続けますか?
それとも、同様の効果を得られる安全な腱鞘炎改善方法のどちらを選択しますか?

ここまでお読みいただけた方であれば、
今目の前にあるチャンスがいかに大きいものかを、
もうご理解いただけているはずです。

もし一日でも早く腱鞘炎の悩みを改善したいのであれば
今すぐにこのマニュアルをお試し下さい。


※当商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。
病気には様々な症状・病状があり、効果には個人差があります。
   ご購入者または購入検討の方から寄せられた質問Q&Aです。
教材はどのような形式で受け取れるのでしょうか?
ダウンロード版は、ご入金確定後メールにてダウンロード先を
ご案内させていただきます。パソコンにてご確認いただけます。
冊子版は、梱包された冊子と【期間限定の特製CD】が入った
パッケージがお手元に郵送される形となります。
事務局も経費を一部負担し、印刷代・送料事務手数料などを
全て含め2,400円でお送りしているため、大変好評です。
家族に、購入した中身を知られたくないのですが・・・
ご安心ください。プライバシーには最大限に配慮するため、
通常の書籍を購入したのと同様の梱包にしておりまして、
商品名などは外側に一切記載しないよう工夫しています。
外から見ただけでは何が入っているのか分からないように
なっているため、配達員の方も、ご近所の方も、ご家族の方も
開封しない限りは中身が分からないようになっています。
インターネットでの申し込みがちょっと不安です。
もしインターネットでのお申込み自体に対して不安をお持ちなら、
その点はご安心ください。お使いのウェブブラウザーとサーバ間の
通信は SSL暗号通信により暗号化されているため、ご記入いただく
内容はすべて安全に送信されます。クレジット決済がどうしても
気になる方は、若干タイムラグが発生しますが、銀行振り込みや
郵便局、コンビニでも対応しておりますのでそちらをご利用下さい。
時間や場所の制限はありますか?
苦になるようなやり方、ストレスを感じるような方法では実際には
長続きしません。これまで実践されてきた多くの方がそうおっしゃって
いますが、それでは毎日が憂鬱になってしまいますよね。
今回私がお伝えする方法は時間や場所を選びません。場所も自分の部屋で
大丈夫ですし、リラックスをした環境で行なっていただいて大丈夫です。
そんな時に付属のCDもお役に立てると思います。
こんな私でも本当に今のつらい状況から抜けられますか?
このページにも実践者の方の喜びの声を多数掲載しておりますが、
皆さん個々のシチュエーションは違っても、抜群の成果が出ています。
非常に多くの方に“腱鞘炎改善のバイブル”として使われている
実績がありあす。もしひとつだけ、成功した皆さんの間に共通項が
あるとすれば、それは「今の状況を変えたい!」というご自身の思いを
受け止め本気で実践した方々である、ということが言えると思います。

実践者の皆さんの声

愛媛県 瀬戸 洋平様 50歳

腱鞘炎のせいで、
ひどく喉が渇いて水分をたくさん摂るため、
夜中に何度もトイレに起きる状態でした。

また、熟睡できないので昼間にボーッとしてしまって困っていました。

その他にもすぐにむくんだり、
疲れがとれにくいなどの症状もありました。

もちろん病院で薬をもらって飲んでいましたが、
何か自分なりに改善する方法はないかと探していて見つけたのが、
このアーム☆レスキューでした。

とりあえず病院での治療をしながらもできそうだったので、
さっそく始めたところ、
まずは体のだるさがとれてきました。

それと、喉の渇きが軽くなったので、
しょっちゅう水分を摂らなくても済むようになりました。

症状が軽くなっただけでもかなり体が楽になったので、
本当に助かりました。

  • けっこう食べているのに体重が減って、
    顔色も悪かったのですが最近は健康的になりました。

    これもアーム☆レスキューのおかげです。
    ありがとうございました。

    大阪府 門田 茜様 35歳
  • 肥満体形だから腱鞘炎も仕方ないと思いつつも、
    悪化させないためにこの改善法を始めました。

    始めてから半年経った時点での健康診断で、
    血糖値が下がっていたのには驚きました。

    東京都 宮田 健一様 37歳
  • 腱鞘炎のせいで夜に足がムズムズして気持ち悪かったんです。
    いろいろ試したけどいま一つ効果がなくて困っていたのですが、
    この改善法で解消しました。

    熊本県 大森 花江様 58歳
  • 急にふくらはぎや足がつる症状がなくなりました。
    薬に頼らなくても腱鞘炎の症状が軽くなったので助かりました。
    ありがとうございました。

    新潟県 星 利代子様 47歳
  • この腱鞘炎改善プログラムを実行したらむくみがなくなりました
    自分では気付かなかったのですが、
    周りから言われて実感しました。

    宮崎県 加瀬 博則様 47歳
  • 主人が腱鞘炎で、夜もしょっちゅうトイレに起きる状態だったので、
    アーム☆レスキューをやらせました。

    始めは面倒くさがっていましたが、
    効果が出てきたら一生懸命にやるようになり、
    最近ではかなり症状が軽くなりました。

    香川県 白井 保子様 50歳
  • このプログラムを始めてからは、
    疲れが残らなくなりました。

    夜もよく眠れるようになったのも体にとっては良いのだと思います。
    これからも続けていきます。

    千葉県 柴田 誠一様 42歳
  • 便秘や下痢を繰り返していたのが解消できてとても助かりました。
    検査での数値も下がってきましたし、
    これからも継続していこうと思っています。

    東京都 島田 望様 31歳
  • まさかこの年齢で腱鞘炎と診断されるとは思わなかったのでショックでした。
    なんとかしないとと、この改善術に飛びつきました!
    早く始めたのが良かったのか、
    半年ほどで数値が下がってきたので安心しています。

    広島県 松田 航平様 31歳
  • 実は最初は少し疑いの気持ちがあったんです。すみません(笑)。
    でも実際にやってみてちゃんと効果があったので、
    今では誰かに勧めたい気持ちでいっぱいです!

    富山県 三井 由紀様 44歳
  • 病院嫌い、薬嫌いの私には、とてもありがたい方法でした。
    自宅で実践できて、きちんと効果があるので、
    同じような人に是非お勧めしたいです。

    秋田県 高橋 芳治様 53歳
  • 夜に足がつって目が覚めるためいつも睡眠不足で困っていましたが、
    アーム☆レスキューのおかげで解消しました。

    熟睡できるので最近は体調も良好です。

    長野県 高野 一之様 59歳
  • 異常な食欲や喉の渇きで困っていたところ、
    知人にアーム☆レスキューを教えてもらいました。

    とりあえず試してみたら1週間ほどで喉が渇かなくなりました。
    続けたらもっと良くなりそうですね。

    和歌山県 石崎 広美様 51歳
  • もう5年ほど、会社の健康診断で腱鞘炎だから
    気をつけるように言われ続けていましたが、
    この方法を実践したら数値が下がっていると驚かれました


    埼玉県 藤平 直孝様 40歳
   最後に

私は、このアーム☆レスキューを自信を持っておすすめしています。

ご自分の腱鞘炎の原因をきちんと理解して適切な方法を行えば、
腱鞘炎は自分で対策・改善ができるのです。

たくさんの時間を使って、
たくさんのお金を使って結果が出ないことほど悲しいことはありません。

絶対にそのような体験をしてほしくないのです。

あなたが腱鞘炎があったとしても悩んでいないのなら
このアーム☆レスキューは必要ないのかもしれません。

読んでいただいたあなたの腱鞘炎の悩みを解決したい、
ただそれだけなのです。

あなたが周りの目を気にせずに
そして快適な生活を送れることを祈っております。