痛風に悩まされている方は必見!薬に頼らない痛風革命【公式サイト】

これから一般にまだ出廻っていない痛風の改善方法を公開します。

もしあなたが「痛風のツラい痛みを何とかしたい!」と思っているのでしたら
今から5分ほど、この手紙を読み進めてみてください。

順を追って痛風の原因と改善の手順をご説明します。
まずは、実際に苦痛の日々から解放された方の感想をお聞きください。
 

3痛風が治りつつあるのを感じております
(古田様)

通風で長年苦しんでおりますので、それなりに詳しいつもりでした。

しかし教材を読んでみると、最初は知っている情報もあったのですが、
途中から自分の知識が中途半端であったことに気付きました。

正確に知っておかないと逆に通風を悪化させてしまうという記述には
考えさせられるところがありました。

だんだん痛風の発作が起こった時に全然動くことができなってしまい、
数日寝たきりのようになった日が以前ありましたが、その時のことが
まざまざと蘇ってきました。

今は正しい方法を実践することに注力しております。
目に見えてよくなっていますし、回復の目標に近づいている感じがします。

痛風の発作が起きなくなり、病気の心配をしないで生活できる日が
近づいてきているようで嬉しく思います。


3痛みが和らいでいるのに気づきました。
(埼玉県 寺井様)

出張先のビジネスホテルで夜中に突然足に激痛が走り、布団が触るだけで痛く、
毛布と布団をはいで朝までウンウン唸っていたことがあります。

なので、果たして私にも実際に効くのかなとちょっと不安でしたが、
少しでもよくなってくれたらと思い、わらをもすがる思いで取り寄せました。

実際に読んでみたら、これまで色々と試してきた他の方法とは全く違い、
「なるほど!」と納得のいく内容だと思いました。

実際に行なうのも簡単で、非常に楽にできます。
まだ途中ではありますが、日々通風がよくなっているのを感じています。

最近では妻と一緒にオーガニックフード専門店にでかけて食材を選んだりと、
食べ物と健康についても真剣に考えるようにもなりました。

今までは間違った通風対策ばかりをやっていたのですね。
正しい方法を実践すれば通風はよくなるということを知りとても有り難いです。



なぜあっさりと解決できたのか?

意外かも知れませんが、この実践者の皆さんは
痛風改善の確実なステップをマスターすることで
短期間で痛風を改善してしまったのです。

体に負担のかかる方法や危険な薬を一切使わないのはもちろんです。
何か特別な手術をしたわけでもありません。

その場しのぎで一時的に収まったように感じることはあります。
でもそれは根本的な改善とは違います。

しっかり治さなければ、単なる付け根の痛みにとどまらず、
歩くことができなくなるなど、生活に大きな支障がでてしまうこともあります。

なので、一番重要なのは、痛風の原因に対する
根本的な対策を体に負担のない形で行なうことなんです。

では、どうすればいいのか?

これから、あなたの痛風の悩みをいきなり解決してしまうような
お話をさせていただきますが、ビックリしないでくださいね。

はじめまして、北条と申します。
痛風改善のアドバイザーとして痛風に悩む方々の相談にのっています。

このサイトは、薬や手術などに頼らず安全に、しかもできるだけお金をかけず
短期間で痛風を改善したいと思っている方
のために開設しました。

ここで紹介する方法を既に600人以上の方が実践し、
痛風の悩みを解消してきました。

私がなぜ今回、このような形で公開しようと思ったか。

それは、「痛風の改善に対しあまりにも間違った知識を持っている方が多い」
と感じたからです。

毎年私の元に訪れる数多くの患者さん達に話を聞いてみると、
大半の方が運動や食事療法など何らかの治療方法を独自に行なっています。

しかし、間違いだらけのやり方をしている方が殆どなのです。

痛風は決して治らない病気ではありません。

ですが、間違った治療方法を行なってしまうと
余計に症状を悪化させてしまうというデータがあります。

そんな現状を考え、これまで何千ものケースを見てきた自身の経験や知識を元に、
本当に正しい痛風の改善プログラムを開発しようと思ったのです。

世間的に、痛風は“ぜいたく病なんでしょ”と思われている節があります。
しかし、この病気はなった人にしかわからない本当に辛い症状が伴います。

「とにかく痛くてたまらない」
「好きな食事や酒を禁止された」
「いつも発作に怯えている」

など、日常生活に支障をきたすレベルの症状がたくさん出てくるのです。
あなたも、きっとさまざまな症状に悩まされているのではないでしょうか。

以前、私が開発したこのプログラムを実践し痛風を改善した方で、
病気のせいで壮絶な人生を送ってきた方がいらっしゃいました。

今回はその方に許可を取り、体験談を記載する許可をいただきました。
痛風がどれだけ辛い病気であるのか・・・悩んでいるあなただけでなく
ご家族や友人の方にも見ていただきたいと思ったからです。

少し長いですが、彼の体験談を是非読んでみてください。

人生を賭けた、痛風との長い闘いの末に得たもの
(兵庫県 佐山様)

北条先生のプログラムを実践した佐山と申します。

この度先生より、痛風改善に関する私の経験をぜひ多くの方に共有してほしい
というご依頼を受けまして、私の辛かった過去について書きたいと思います。

先に申し上げておきますが、現在の私は先生のプログラムの力により、
痛風を完全に治すことができております。

だからこそ、以前の私のように痛風に苦しんでいる方には
少し参考になる部分があるかもしれません。

お見苦しいところもあるかもしれませんが、その点はお許しください。

暴飲暴食が原因?足先を襲った鋭い痛み

若い頃は、随分痩せていました。

本当に食べても太ることのできない体質で、割かし体格の良い友人・知人などに
そのことを言うと、

「お前、太ってる人間の前でそういうこと言わない方がいいぞー」

と忠告を受けることもありました。

しかし、大学を出て就職すると、仕事のストレスや、お酒の席が増えるなどして、
お酒はもちろん、脂っこいものを食べる機会が増え、

昔の体質は幻だったのかというくらいに、お腹周りに肉を蓄え、
体重が増えていったのです。

そもそも痩せていることについては若干コンプレックスだったので、
はじめは、太っていくことについてむしろ喜びすら感じていました。

しかし、次第に際限がないくらいに体重が増えていき、風呂あがりに
自分の姿を見てみると、そのゆるんだ身体にどこか焦りを感じるのでした。

ある金曜日の夜、同期達と飲み会がありました。

金曜日の夜は、やはり翌日は仕事がないという解放感からか、
飲むお酒の量も増えます。

その日も私は始めから飛ばし、ビール・焼酎・カクテルを各5~6杯、
それに日本酒と、とにかく飲めるだけ飲みまくりました。

お酒には強かったので、しっかりとした意識、足取りで帰路についていると、
その途中の電車の中で、ズキン、と右足の人差し指にちょっとした痛みが走りました。

例えるならば、素足で氷を踏みつけたような鈍痛でしょうか。

足でもくじいたのかな、とそのときは軽く思う程度だったのですが、
その日を境にして、その鈍痛が続くようになったのです。

いえ、ずっと同じ鈍痛だったらまだ良いのですが、
その鈍痛にも波があり、痛みと言うよりしびれた感じのときもあれば、
チクチク、ピリピリと痛むときもあれば、

とにかく多種多様な痛みでしたが、右足の指先、というピンポイントで
痛みを感じるという点は共通していたのです。

まさかこの歳で?痛みの正体は通風だった!

しばらくは、その痛みをどこかで感じていながらも、
なんとなくやり過ごす日々が続きました。

要するに、放っておけばそのうちどうにかなるだろう、と
あまり深刻には考えなかったのです。

しかしある日、なんの前触れもなく、
身を弾ませるほどの激痛が私の足を襲ったのです。

その痛みはまさしく激痛という言葉がふさわしく、足の甲から親指の付け根にかけて
縦に釘を打ち込んだような鋭い痛みが走ったのです。

別に、足をくじいたわけでも、激しい運動をしていたわけでもありません。

本当に前兆も何もなく、いきなりのことで、
思わず「あっ!」と声を上げてしまいました。

それまで何となく意識する程度だった足の痛みでしたが、その日の痛みではっきりと
意識するようになり、この痛みについてちゃんと調べてみることにしました。

関節痛でもない、リウマチでもない、と模索しているうちに、
よく似た症状の病気が目に留まりました。

通風でした。

通風といえば、イメージでは年配の方がなるような病気だと思っていたので、
まさかとは思ったのですが、やっぱり症状が酷似している。

あまり気乗りはしませんでしたが、病院にも行って検査しました。
診断結果はやはり「通風」。

医師いわく、日々の偏った食生活、飲酒などが原因なので、
それを改善した方が良いとのこと。

まさかこの年齢で痛風になるなんて思いもしませんでしたが、
若いうちに治療すればすぐ良くなるだろう、そんな風に考えていました。

それよりむしろ、自分自身、通風がどうのというよりも、偏った食生活や
それによる自分の緩んだ体型を随分懸念しているところがあったので、

これは良い機会だと思い、本格的に痛風対策に取り組むことにしました。

何をやっても効かない?痛風に振り回される生活

食事に関しては、塩分の濃いものやプリン体(ウニやいくらなど)などの食べ物を
極力控えるように心がけました。

ただ、私は変に見栄っ張りと言うか、体裁を気にするところがありましたので、
(また、年配の方がなりそうな病気になったという恥ずかしさもあり)
職場の人間には自分が通風であると言うことができませんでした。

職場内で例の激痛が走ることもしばしばでしたが、そんなときも、軽く眉をひそめたり、
こらえながら歩いたりと、とにかく周囲に気づかれないように過ごしていました。

したがって、ほぼ毎週ある同期との飲み会や昼食時などは普通に振る舞い、
お酒を多量に飲んだり、塩分を多分に含んだものを家の外では摂取しました。

その罪滅ぼしとして、水分を多く補給したり、最寄駅の手前から徒歩で帰宅したり、
睡眠時間を増やすなど、医師に言われたり、調べた事柄を実践するようにしました。

しかし、やはり中途半端だからか、食生活自体が原因でないからなのか判りませんが、
通風の痛みは減ることはなく、酷いときなどは何か大きな怪我でもしたように
びっこを引くほどの痛みを感じることもしばしばでした。

通風は良くなるどころか、むしろ悪化していました。

それでも、どうにかこうにか歩くことはできていましたし、
終始痛かったというわけでもなかったので、なんとかやり過ごす事はできていました。

しかし、ある日、悪夢が起きたのです。

朝、いつものように目覚まし時計が鳴り、それを止めようと身を起こしたら
足先に力を入れることすらが恐ろしいほどの激痛が私の足を貫いたのです。

その痛みを感じたときは、その尋常じゃなさに、別の悪い病気じゃないかという
くらいに恐怖を感じました。

とても自分の足とは思えない、“激痛”という言葉すら幼く聞こえてしまうほどの
酷すぎる痛み。

痛みに気を使いながら腹ばいで目覚ましを止め、じっとりとした脂汗を感じながら、
「会社」という言葉が脳裏をよぎります。

会社に行かなくては。

そう思い、再度ベッドから降りようと身体を動かすと、
また身を切るような痛みと、そこからジンジンと広がる鈍痛。

立ち上がることはおろか、足先に力を入れることすらできません。

初めて、会社を欠勤しました。

足先を貫くような衝撃的激痛!
まさか通風で会社を休むことになるなんて…

営業職で、比較的責任のある立場を任されていたので、
通風で休むなどと言うこともできず、高熱でと言い訳をして休んだのですが、

翌日も、そのまた翌日も、同じように立ち上がることすら困難な痛みのせいで、
三日連続で休みをとらざるを得ませんでした。

その次の日はようやく痛みがなくなり、なんとか職場に出ることができたのですが、
ともかくこの通風をどうにかしなくては、と焦り、食生活の改善等の事柄に加え、
ランニングを毎晩行うようにしました。

会社帰りに1万円のランニングシューズを購入し、
早速その晩から走るようにしました。

普通にしているときは通風による痛みは起こらないので、
走っているときも痛みを感じることなく、気持ちよく汗を流すことができました。

実は、初めて欠勤をした日から、どこか憂鬱な気分を引きずっていました。

それは、やはり「通風」というどこか古臭い、年配の方がなるださい病気という
イメージ、そして、そんな事ごときで会社を休まざるを得ない自分の情けなさ。

それに加え、この痛みが悪化し、
完全に歩けなくなったりしたらどうしよう、という不安。

これらの様々な思いが入り混じり、大きな心の葛藤があったのです。

ですが、ランニングをするようになってからは、その間だけは
「走る」ということにだけ集中して無心でいられるので、痛みも感じず、
気休めでもランニングはいいかも知れない、と思ったのです。

病は気からとはよく言ったものです。

それからしばらくは、通風の発作は起こらず、幾分かではありますが体重も減り、
徐々にランニングの効果が出ているのかもしれない、もしかしたら
痛風も治っているかも・・・と淡い期待を抱くのでした。

ランニング効果で治ったかと思いきや…
再び忍び寄る恐ろしい発作の影

しかし、現実はそうそう甘くありませんでした。

発作が出なくなって一ヶ月が経ったある日の朝、
また以前同様の惨劇が私の足を襲ったのです。

その頃の私は、一ヶ月も出なかった通風のことなどほとんど忘れ、
自分の中では治ったものだと処理をしていました。

が、ベッドから半身を起こそうとしたら、例の、思い起こすだけで
冷や汗が出てくるような衝撃的な痛みが私の足を襲ったのです。

心臓が止まりそうなほどの驚きで、私の身はバネ仕掛けの人形のように弾みました。

ああ、また、きたのだ。

うちから沸き上がってくる、恐怖、怒り、不安と共に、
また会社を休まなくてはならないという絶望感が一緒に襲ってきました。

後にも先にも、あの日ほど、最悪な日はないと思います。

一日がかりで実家の父を病院に連れていかなくてはならない、
という理由で休みをもらうと、一気に脱力し、

なぜだか判りませんが、ここ1ヶ月、欠かさず続けてきたランニングの様子、
走っている最中の景色が走馬灯のように蘇ってきて、

それらが全て無駄だったのだと思うと何もかもがどうでもよくなり、
部屋のタンスにしまっていた、何ヶ月か前に購入してそのままにしていた
焼酎を引っ張り出し、ストレートで4杯ほど飲み干しました。

もちろん、通風にとって尿酸値を高めるアルコールを大量に摂取することは
かなりよくないことは判っていましたが、ほとんどヤケみたいになっていた私は、
あおるようにそれを飲み、そのままふて寝をしました。

もう、どうでもいい。

プライドが高く見栄張りの私は、会社を何べんも欠勤したということに
ひどく腹立たしさのようなものを覚え、

翌日も、またその翌日も続く通風の発作と、それによる欠勤に、とうとう
壊れてしまった様になり、呆れることに、朝から浴びるように飲酒を続けるのでした。

心も身体も全てを蝕んでいく通風。
その通風の忌まわしさを忘れるために飲酒をするという悪循環

四日ほど欠勤をした後、その日の朝は、例の発作がなかったので、
仕事に行きました。

が、会社に向かう途中も、いつ起きるか判らない激痛におびえ、電車内や
駅構内の階段など、とにかく足に意識が集中し、気が気ではありませんでした。

それは会社に着いてからも同様で、私はどこか見えない恐怖におびえる、
何か精神的な疾患を抱えた人間のように、始終挙動不審でした。

動けなくなってしまうほどの衝撃的な痛みというものはそれからしばらくありません
でしたが、「うっ」と小さく歯を食いしばるような痛みはしばしばありました。

とにかく、外にいる間は、どこで何をしていても、冷や汗たらたらで、
家に帰るとその疲れが心身共にどっとあふれ出てきて、それを紛らわすために
飲酒を繰り返すという、本当に悪循環としか言いようのない生活を続けていたのです。

私はあの頃ボロボロでした。

同じランナーにかけられた、奇跡のような言葉
そこから見えてきた一筋の光

ところで、ランニングの方はというと、そのような精神状態の中でも、
やらなきゃとか、意気込んでいたわけではないのですがなんとなく続けており、
週に2~3回は近所の公園で走っていたのです。

夜、その日も仕事が終わった後、本当に呆れてしまいますが軽く一杯煽って
良い気分になったところで公園に行ったのですが、

そこには時折顔を合わせるランナーがいました。

なんとなく挨拶をする程度だったので、その日もこんばんは、と
言ったのですが、相手も挨拶を返すと、こんなことを言ってきました。

「足、どうかされたんですか?」

虚を突かれる質問に、思わず「えっ」と躊躇すると、

「いえ、なんか、ちょっと右足に気を使ったような歩き方をされているから」

私は、飲酒をしていたのも手伝って、本来なら口が裂けても言えないのですが、

「ああ、通風なんですよ。お恥ずかしい限りで」

と苦笑交じりに答えました。

そうすると彼はそこまで驚いた様子でもなく、同じように微笑んで、

「なるほど。私も通風でした」

そこから彼は、私と同じように通風に苦しんだ過去を話してくれ、
しかし今は完全に治ったとのことでした。

朝、突然酷い発作が起きたり、職場で急に痛みに襲われ焦った経験などは同じです。

「やはり、水を多量に飲んだり、食生活を改めたり、地道な努力ですか?」

私がそう聞くと、彼は小さく首を振りました。

「それも一時期していましたが、改善されませんでした」

聞いてみると、驚くべきことに、
ぜんぜん違う手段・方法で、通風を完治させていたのです。

書籍や健康雑誌などのやり方しか知らなかった私にとっては、
本当に思いつきもしない、まさに盲点と言っていいほど意外な方法だったのです。

その時に大変役に立ったのが「痛風革命」というプログラムだとも教えてくれました。

初めは本当に役に立つのかなと思いましたが、サイトを教えてもらい、
少しでも効果があればと、取り寄せたのです。

そしてこれが、私の生活を根本から変えることになりました。

終始足先を気にしなくなってから広がった世界
歩くこと、会話がこんなに素晴らしいことなんて!

始めてから約2週間で、起きた変化。それは、
うっすらと感じていた痛みがなくなり、発作が起きなくなったという事でした。

以前もランニングで一時期発作が起こらなくなったことがあったので、
またその類いで、いつかまた激痛が走り出すのでは、と戦々恐々としていましたが、

それからさらに1週間、2週間と経っても、
やはりあの忌まわしい痛みは起こることがなくなったのです。

その結果、朝目を覚まして足の様子を確認することが、楽しみとなりました。

軽く足首を動かしてみて痛くない、手で触り捻ったり圧迫したりしてみて痛くない、
ベッドから足に全体重をかけるようにして降りても痛くない。

悪い腫瘍でも取れたように気持ちよく動かせる足・指は、会社に向かう私の
気持ちを軽くさせました。

勤務中に起きる小規模な発作についても、それを懸念する必要がなくなったという
ことは非常に大きいということがよく判りました。

痛みのせいで会話が上っ面になったり、大事な事柄を聞き逃したり、
うまく返事ができなかったりしたこともしばしばでしたが、

足の事を考える必要がなくなってからは、相手の顔色から口調、その他様々な様子から
相手の心情を読み取ることができるまでに会話に集中できるようになり、

少し大げさな言い方かもしれませんが、会話することの楽しみというものを、
久しぶりに感じることができました。

足先の痛みが取れたという単純な事柄なのに、
人間はここまで気が楽になれ、すっきりした気持ちになることができるのだ
ということを、初めて知りました。

ここまで明るい気分で過ごせたのは、本当にいつ以来だったでしょうか。
まるで、自分の人生が新しくスタートしたような気持ちでした。

思えば、一度足の付け根に痛みが発生してからは、発作の恐怖に毎日怯え、
実際に発作が起きると出社できないなど、散々な日々を送って来ました。

でも、そういった辛い過去があったからこそ痛風と正面から向き合い、
「痛風革命」と出会って完治させることができたのだと思います。

今の自分は、自身の境遇を呪ったりとか、その様な気持ちは一切ありません。
むしろ、辛い経験を乗り越える機会を与えられたことに、感謝すらしている程です。

そして、ナイトランの彼と「痛風革命」の開発者である北条先生。
お2人には、どんな感謝の言葉を述べても足りないほどです。

今私が楽しく生活できているのはお2人のお陰であり、まさに人生の恩人と言っても
過言ではありません。本当にありがとうございました。

みなさんもこのプログラムを実践して、痛みのない楽しい日々が訪れることを
心からお祈り申し上げます。


痛風が治ると、こんなことができるようになります

いかがでしたでしょうか? 大変な経験をしてこられた佐山さんですが、
今ではすっかり元の生活を取り戻し、積極的に外出するようにもなったそうです。

しかも、仕事に専念できるようになり、最近さらに昇進したとの報告もいただきました。
本当に順風満帆みたいです。

このように、痛風が改善すると様々なことができるようになります。

ではここで、「痛風革命」により痛風が改善したことで
どのようなことができるようになったのか。

実際に寄せられた実践者の皆さんの声から一部ご紹介したいと思います。

☑ いつ起こるかわからない激痛におびえることがなくなった!
☑ 痛みを感じないで歩ける喜びをしみじみ感じるようになった!
☑ 自分だけでなく家族全員が健康の大切さを実感できた!
☑ 旅先で発作が起こる心配をしなくて良いので、旅行に行ける!
☑ さっそうと歩けるようになり、見た目も若々しくなった!
☑ 同じ痛風の症状で悩んでいる女性に感謝され、仲良くなった!
☑ 会社を病欠することがなくなり、バリバリ働けるようになった!

これらは一般の人達からすれば、どれも普通のことだと感じると思います。

ですが、痛風を患っている方々にとって、
こういった普通のことを当たり前にできるようになるのがどれだけ嬉しいことか…

このサイトを訪れたあなたならお分かりだと思います。

多くの人がやってしまう、間違った3つの痛風改善方法とは?



それでは、ここでお聞きしたいのですが、
あなたはこれまでどのような改善方法を行なってきましたか?

本や雑誌に載っていた方法をそのまま行なったり、
あるいは運動や食事療法を試してみたり、など...

しかし思い返してみてください。
それらの方法で、これといった効果はありましたか?

このサイトを読んでいただいているということは
おそらく既存の方法では結果を得られなかったのではないでしょうか。

はっきり言いますが、間違った対策は症状を悪化させる場合があります。

ある人には有効であった方法が他の人にはまったく効果が現れず、
逆に症状を悪化させてしまうということも多々あるのです。

そこで、まずは3つの誤解されやすい改善方法についてご紹介します。

この3つは一般的にとてもポピュラーなものとして知られていますが、
いずれも大きな落とし穴が含まれているのです。

それぞれの方法がいかに誤解しやすいものであるか、見ていきましょう。

痛風における「運動」に関する誤解
運動をあまりしていない人がなることが多いことから、
痛風の原因として運動不足を指摘する人もいます。
ところが、普段あまり運動していない人が、痛風が発覚した途端
激しい運動をしよとしますが、これはかえって逆効果になる可能性が高いのです。
強度の高い運動は、身体だけでなく自身の細胞内にあるプリン体にも悪影響を及ぼします。
もし動脈硬化や肥満など、痛風との合併症の改善も考えているのでしたら、運動の種類や
強度に関してはかなり慎重に考えなくてはいけません。
痛風における「水分の摂取」に関する誤解
体に多く溜まった尿酸を体外に排出しようとすると、
尿を出さなければいけませんが、そのためには水分を多量に摂取しなければいけない、と短絡的に考えがちです。
確かに水分不足は血中の尿酸値を上昇させるので、水でなくても、液体を飲もうとする人もいます。
ところが、利尿作用があったとしても、糖分が入ったものを飲むのはよくありません。
同じ液体なので利尿作用は良さそうですが、尿酸の血中濃度を考えるとこれはNGです。
痛風における「食事制限」に関する誤解
プリン体を排出できなかった場合にそれが尿酸として蓄積し痛風が引き起こされるので、プリン体を含む食物を摂取しないようにしよう、と急激な食事制限をする方がいます。
確かにプリン体の過剰な摂取は痛風の大きな原因の一つですが、
原因はそれに限られているというわけではなく、プリン体を減らせば痛風が治るとはどこにも保証されていません。
逆に極端な食生活の制限が余計なストレスを発生させ、痛風の症状を悪化させるケースも
多いため、専門知識を持たずに食事制限をすることはおススメできません。


おそらく、いずれかの方法を行なったことのある方はかなり多いと思います。

付け加えますと、3つめの食事療法に関しては、極端なカロリー摂取をすることによって
一気にエネルギー欠乏状態になってしまうことがあります。

そうなると、栄養が足りなくてフラフラになっているのに、痛風の発作は残っているという
悲惨な状態に陥ってしまうこともあります。

もう間違った改善方法を続けるのはやめてください。


大きく3つのタイプに分けられる痛風と、その原因とは?


では、痛風を正しく改善するにはどうすればいいのか?
それには、大まかでも、あなたの痛風のタイプを知る必要があります。

個人差があるように、タイプが違えば解決策も異なります。
あなたのタイプに合わない治療を続けると、症状を悪化させる可能性も高まるのです。

以下にそれぞれについて、簡単に説明しますので、
まずは自分がどの痛風のタイプに当てはまるのか考えてみてください。

尿酸の排出力が低下し、痛風になってしまったタイプ

通常ですと、尿と共にプリン体が排出されれば、
体内としてバランスは保たれ、尿酸として極端に蓄積
されるということはありません。で
もそれが何らかの理由で排出がうまくいかなくなると、尿酸が関節に溜まり痛風となります。もし腎機能が低下し、尿酸の血中濃度も増加していくという悪循環に陥ると、腎痛風からと「腎結石」や「腎不全」にまで進んでしまうこともあります。
「尿酸排泄低下型」の痛風ともいいます。

尿酸の生産過剰と排出力低下の両方が起きているタイプ

尿酸の体外排出機能が正常なのに痛風になってしまう人は、このタイプを疑うといいかもしれません。
もちろんプリン体を大量に摂取することによって、それが体外に排出されず尿酸として溜まってしまうケースは考えられます。
ただ、通常の摂取量にも関わらず尿酸が過剰に生成されているのであれば、話は別です。「尿酸産生過剰型」の痛風ともいいます。

その3 めまいと耳鳴りの「両方」がひどいタイプ

上記で挙げた、尿酸の排出力と生産力の両方に異常をきたし、痛風になってしまうタイプです。
肥満や動脈硬化、高脂血症など生活習慣病からくる血管障害を抱えていたり、内臓脂肪からのホルモンによる尿酸過剰生成など、肝臓に問題を抱えている方にも見られる傾向があります。
「混合型」の痛風ともいい、全体の%としては少ないです。

日頃から意識していると、ある程度食生活や運動面などから推測がつくかもしれません。
もしかしたら自分は両方該当するかも、と思い当たる節があるかもしれません。

では次に、タイプがある程度分かったところで、
それぞれのタイプの主な原因についても見ていきたいと思います。

このような症状が引き起こされるのには、それぞれ理由があります。
痛風を治すには、この原因を知ってから適切な方法でアプローチする必要があるのです。

尿酸の排出力が低下する原因

腎臓内で行われる尿酸の濾過がうまくいかず、高尿酸血症が続くと関節内で結晶となり、炎症や痛み(痛風発作)を起こすのですが、このタイプの最も大きな原因としては腎臓の機能低下が考えられます。
どうしても腎臓機能には個人差がありますが、動脈硬化や高脂血症などによる血管障害から起こる腎臓機能低下については注意しなければなりません。

尿酸が過剰に生産されてしまう原因

尿酸はプリン体が分解された時の老廃物であり、尿酸の生成は肝臓で行われています。
もちろん肝臓能には個人差があり、
遺伝的要素もありますが、もし通常のプリン体の摂取量であっても尿酸が過剰に生産されているということになると、肝機能の低下を考える必要があります。
プリン体の過剰摂取との見極めが重要となってきます。

尿酸の生産過剰と排出力低下の両方が起きる原因

上記に挙げた腎臓の機能低下や肝機能の低下という可能性は当然あります。しかしこの場合、機能的な原因以外にも、性格や生活が原因となっている場合もあります。
例えばまじめで積極的、競争心が強く、
責任がある立場の人にも多く見られるますし、「外での食事が多い」「仕事などで生活が非常に不規則」などの生活スタイルの方にも見られるのが特徴です。

いかがでしたか?
主な原因についても見ていただきました。

注意しなければならないのが、
原因はなにも暴飲暴食や内蔵の機能低下だけによるものではない、
という点です。

たとえば、分かりやすいところでは、
・常に精神的にストレス、圧迫感を感じている。
・継続して激しい運動をしており、大量に汗をかくことが多い。
・長時間に渡り外に出ていたり、また、それとは逆に長時間エアコンの効いた部屋にいる。
・仕事が忙しい。
といった生活を送っている方も、痛風になりやすいというデータがあります。

いろいろな要因があるため、相当の専門知識がない限り、
誰にも知られず自分だけで痛風を素早く治すというのは困難なのです。

難しさを極力省いた、わずか4ステップの簡単なプログラム

ただ、このように、一時しのぎではなく症状を改善していくには
根本的なアプローチが必要になる、と聞くと

「それって、すごく難しいんじゃないの?」
「もう年齢が年齢なので、自分には無理なのでは・・・?」

と思われるかもしれませんがが、実際はそんなことありません。
基本的には、以下の"4ステップ”を順番に進めるだけでOKです。

簡単な4ステップ


もちろん、タイプ別にも方法がありますが、流れは一緒です。
たったこれだけで、あなたの痛風は改善されていくのです。

嬉しいことに、実践者の中にはこのステップをこなしただけで、
高血圧や糖尿病など他の持病が改善された方も多くいらっしゃいます。

薬を使わず体に負担のかからない安全な方法だからこそ、心身ともに健康になるんですね。
本当に痛風を改善したいと思っている方に、是非読んでいただきたいと思っています。
 

3発作がなくなり、歩くのが楽しみになりました
(熊本県 石田様)

こたつに入ってテレビを見ながら酒を飲んでいたら突然足に激痛が走り、
医者に「立派な痛風持ちですよ。節酒してください」と宣告されてしまい、
それからは薬やら健康食品やら、あらゆるものを試しましたが全くダメでした。

なので、もう一生治らないかもしれないと思っていましたが、
北条先生のプログラムは無理なく毎日続けられて、効果も実感できました。

気がつけば痛風の発作も起きなくなっていて、歩くのが楽しみになり、
妻と日本百名山を登ろうかと計画を立てています。

他の方法に較べて圧倒的に金銭的負担が少ないので、少しでも良くなって
くれれば・・・と思っていましたが、ここまで効果があるとは予想外でした。

世間で言われている“通風対策の常識”というのは間違いだらけだと
身にしみて分かりました。



「本当に私は痛風だったのか?と思ったほどです。」 (愛媛県 片岡様)
いただいたお手紙



プログラムの内容を一部ご紹介します。


これだけ沢山の、痛風の発作や鋭い痛みと、それに怯えて暮らす日々を
スッキリ解消してしまった
このプログラム。

実践者の方から寄せられた、「これは革命的だ!」という声から
『痛風革命』という名がつけられました。

これまでの集大成と言ってもいい、内容の濃い仕上がりになっています。
その一部をご紹介しますと・・・


あなたの痛風が短期間で改善する、その秘密とは?
ほとんどの場合において痛風は改善が可能です。
それをあなたも今すぐ実感してみませんか?
こんなに調子が良くなるのか!とビックリするかもしれません。
痛風を悪化させやすい人、すぐ治せる人の違い
痛風がすぐ治った人達には“ある”共通項があります。
それをマスターできれば、たとえ三日坊主でも、気分が
ノッてなくても、面倒くさがり屋さんでも、全く関係ありません。
20秒でわかる!あなたの痛風の度合い
その痛風が、今どの程度なのか20秒で把握できます。
現状を素早く的確につかむことで、無理なく短期間で
痛風を改善できるようになるのです。
痛風を楽にする2つのポイントとは?
本当に重要なポイントだけを意識することで、ツラい症状を緩和できます。
痛風改善において重要なことは、実はそれほど多くないのです。
95%の人がもっている「痛風に関する誤解」
「この薬を飲むしかない」「~なので病院で診てもらうべき」など、
多くの人が信じている“痛風に関する常識”は、ただの噂かもしれません。
本当はもっと効果のある方法があるのに・・・
痛風にとても効果のある“驚きの食材”とは?
食のプロも大絶賛!研究者もその効用に太鼓判を押す、痛風に効果的なく
食材があります。
意外に身近なものなので驚くかもしれません。
タイミングや食べ方がポイントです!
痛風で気分が落ち込んだ時でも、前向きになるコツ
ストレスが溜まっていると感じたら要注意!
カラダとココロはつながっているので、症状も悪化しやすいです。
ここではストレスを一発解消し、みるみる元気になるコツをお話します。
正確に知っておきたい痛風に関する知識
正しい知識は重要です。痛風について何となくしか知らず、
適当に対処しているうちにだんだん症状が進行していく
ケースを沢山見てきました。正確な理解が改善を早めるのです。
痛風が改善されると、他の病気も良くなるワケとは?
この方法を実践しているうちに、10年以上患っていた他の持病も治った
という嬉しい声を多数いただきました。

実は痛風が改善されると他の持病まで改善されるのにはワケがあります。

まずは、「痛風は絶対に良くならない」という思い込みを捨ててください。
そのためにも、知っておくと良いことがあります。

薬を全く使わずに痛風改善に成功した方法とは?
処方薬には即効性があるものもあり、一時的には楽になるものもあります。
ただ、それは単に症状を「抑え込んで」いるだけ。
根本から解決してしまえば、もう薬の副作用を心配する必要もありません。
痛風がツラくて寝られない方へ、不眠症の改善策
痛風の問題で悩み、なかなか寝つけない日があるかもしれません。
そこで今回、不眠症対策も合わせてお話します。
この方法を知ればよく眠れるので、明日からスッキリ快適な毎日を送れます。
痛風を治す上で必要な「シンプルな4つの鉄則」
痛風を改善する上で理解しておくべき「鉄則」があります。
知っておくだけでも回復スピードが全然違う、その秘訣を大公開。
あなたは痛風改善の秘訣があるとしたら何だと思いますか?
痛風を改善して10歳若返った!
痛風を改善した途端に「5歳若返ったね」「10歳は若く見える」
よく言われるようになります。身体に負担をかけていた日々と
サヨナラし、イキイキとした毎日を取り戻してください。
私は一生痛風を恐れなくてはいけないの・・・?
答えはNO!です。何歳からこの方法を始めても大丈夫。
今までうまく行っていなくても、心配しないでください。
あきらめる必要はありません。楽しく取り組んでいきましょう。
痛風原因を根本から断つ3つの方法
痛風を根本的に解決する3つの方法を紹介します。
これだけでも大幅に痛風が改善されるはずです。
まず手始めに行なっていただく改善方法です。
どの本にも載っていない、痛風に効果のある裏ワザ
これってホント?こんな方法が痛風に効くんですか? と思うかもしれません。
はい、本にも載っていないような裏ワザですが、
実はみるみるうちに良くなっていくのです…
痛風が良くならない理由はここにあった!
どれだけあなたが一生懸命努力しても、治す方向が間違って
いたらいつまで経っても良くなりません。時間のロスですね。
痛風改善への近道を学んで、そんな無駄を無くしましょう。
危険な痛風の特徴とは?
症状から見てすぐに医師に相談した方がいい危険な場合もあります。
深刻な病気が原因である可能性も考えられるため、
適切な判断基準を持つことは重要です。
ココロもカラダもリラックスする音楽CD(冊子版のみ)
痛風改善に取り組む際、リラックスした環境で行なうことで
その効果は倍増します。
ここでしか手に入らない特製の音楽CDをつけますので、
これを聞きながら是非やってみて下さい。

これらは、あなたが手に入れるノウハウや知識の、ほんの一部です。

この痛風改善方法を実践した後のあなたの生活は
すごく楽になるはずです!

難しいことは何一つありません。
マニュアルの内容にしたがって進めていくだけです。

もう、無駄なお金を痛風対策のためにつぎ込む必要はありません。
これ以上、ストレスを抱えて痛風の事で悩む必要もありません。

自分が痛みで悩んでいたことさえも忘れてしまうかもしれません。

痛風を改善できる人と改善できない人の違いは、
「この方法を知っているか?知らないか?」
それだけの違いだったのです。

実際に「痛風革命」を実践し、症状が改善された方からは

☑ 尿酸値が下がり、再発の心配もしなくて良くなったのが大きい!
☑ 歩いても足が痛くないのでどんどん営業や出張に行ける!
☑ 健康に自信を取り戻し、鬱っぽい気分がすっかり消えた!
☑ 体が軽くなり、全体的に健康になった気がする!
☑ 妻と一緒に歩くことができるので、夫婦で過ごす時間が増えた!
☑ 足をひきずらなくても歩けるし、痛みを心配しなくて済む!
☑ ストレスもたまらずに毎日楽しく仕事ができるようになった!

など、多数の喜びの声をいただいています。

あなたも1週間後、2週間後と実践していくうちに、
自然と「あれっ、痛みがだいぶ良くなっている…」と感じられると思います。 

もう、悩むことはありません。
痛風を改善すると生活が本当に楽しくなりますよ!

痛風に悩まされなくて済む人生を手に入れることの価値


これまで実践を重ねて多くの方に効果を実感していただけるように
試行錯誤を繰り返してやっとの思いでできた痛風改善方法です。

なので、全ての内容を一般に公開することには躊躇しなかった、というと嘘になります。

内容制作にあたり、私が多額のお金と膨大な時間をかけて
発見した方法をあます所なく盛り込みましたし、
一般の書店などでは手に入れることができないものですから・・・。

そして、実際に痛風で悩んでいる多くの方に効果のあった“本物の内容”です。

痛風の症状を抑えるのにかかる費用というのは、毎月発生するものなので
根本的に良くならない限りは一生ついてまわる出費ですが、
このプログラムなら、手術するような身体的な負担も無いですし、
病院に通う手間と費用も大きく節約できます。

あなたならこの内容に一体いくらの価値をつけますか?

医療機関、副作用のある薬などを使わなくなるということは、
それだけでも生涯において何十万円の出費を抑えることにつながるのです。

こう言われると、「10万円くらいするのでは?」と思われるかもしれません。
確かに、得られる効果としてはその金額の何倍もあることは事実です。

しかしいくら改善する人が後を絶たないプログラムであっても、
そんな値段では始めの一歩を踏み出すには勇気が必要になってしまいます。

そこで、かなり悩みましたが、「痛風は絶対改善できないものではない」と
あなたにも知ってもらえるような、手ごろな価格にしようと考え、
本気で治したい方なら喜んでいただける、定価24,800円とさせていただきました。

月に換算すれば2,000円程度。頭の回転が早い方であれば、
この方法がどれだけ経済的か、ご理解いただけるかもしれません。

もちろん、この価格が妥当かどうかはあなた自身が判断し決めてください。

でも、これまでどんなに試しても治ることのなかった痛風の悩み・・・
きっとこれが最後になります。

今だけ!「痛風革命」バージョンアップキャンペーン!


さらに、ビッグニュースがあります。

この度、実践者の皆さんから寄せられた効果的なアイデアをさらに盛り込み、
内容を大幅にバージョンアップさせました!

このプログラムは痛風で悩んでいる人が、「これさえ読めば改善できる」
そんな内容にしたかったからです。

それには、1人でも多くの方が気軽に始められて、短期間で改善できて
喜んでいただける価格でなければ意味がありません。

ですから、より多くの人に自宅でできる痛風改善法を知っていただきたく
バージョンアップの記念キャンペーンを期間限定で行うことにしました。

本日から2日以内のお申し込みの場合、1万円引きの14,800円となります。

green このプログラムを手にした後には一切費用がかかりませんし、
病院と違って、毎回お金を支払う必要はまったくないのです。

正直言うとこの価格はとても非常識な金額だと思います。
しかし、あなたと同じように痛風の痛みに苦しみ、改善策もわからず
クタクタになって私に相談してきたある人の顔が目に浮かんだのです。

その瞬間、この内容を一人でも多くの痛風に悩む人にお伝えし、
快適な生活を手に入れていただくことが私にとって一番大切なことだと改めて確信しました。

ちなみにその人は、今ではすっかり痛風を改善し、
「毎日が本当に楽しくなった」と嬉しい声を聞かせてくれています。

あなたにもいち早くこのプログラムを実践して痛風を治し、
ストレスのない幸せな人生を歩んでいただきたいと心から願っています。

ただし、キャンペーンでのご提供には数に限りがあります。
※状況を確認されたい方はお気軽にお問い合わせ下さい。
 

  

タイマー

  

 
ここまでお読みいただけた方であれば、
目の前にあるチャンスがいかに大きいものか、もうご理解いただいているはずです。


体に良くない方法、体に合わない方法を無理に行わなくても、
痛風を改善できる方法があるということを実感していただきたいと思います。

この「痛風革命」はこちらから簡単にお申し込できますので、
もし一日でも早く痛風の痛みから解放されたいのであれば、
今すぐにこの内容をお試し下さい。

syozai01 syozai01


 


※本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではありません。

特典をご用意しました

痛風改善に落ち着いて取り組んでいただける、プレゼントをご用意しました。
本来であれば直接アドバイスをしている方にのみお渡ししているこれらの資料を、
無料でプレゼントいたします!!

ただし、最初に決断された50名様への限定配布とし、
定員に達し次第予告なくサイトから削除させていただきますのでご了承ください。
 


 
このマニュアルは、これまで様々な方にアドバイス差し上げた内容をもとに、
バージョンアップ 様々なケースに対応できるよう豊富な内容を盛り込んでいます。
しかし、今までほぼ全ての方が痛風を改善できたとは言っても
油断はしておりません。常に最新の情報収集を心掛けており、もし
新たに内容を付け加えることがありましたら、
バージョンアップ
したものをご登録いただいたメールアドレスにお送りします。



 
痛風の度合いや原因を把握するためのチェックリストです。
チェックリスト あなたの現状を判別するのに非常に役に立ちます。
状況によって対処方法や対策方法が違ってきますので、この
チェックリストの利用により意味のない対処法をしなくて済みます。
また、痛風改善後の確認をする時にも役立ちます。
是非、活用してみてください。



 
なんと、今回のプログラムでご紹介している「特別キャンペーン」に
キャッシュバック 参加していただければ、2,500円をプレゼントさせていただきます。
ただし、こちらは先着20名様限定のキャンペーンとなります。
全員に応募資格があり、応募すれば2,500円を差し上げるという、
超お得なキャンペーンです。
詳細はプログラムの中にも記載があり
ますので、是非この機会にキャッシュバックを手にして下さい。



 
現代はストレス社会でほとんどの方がストレスを抱えています。
特製CD ストレスを抱えると体に様々な不具合が発生してしまいます。
そのせいで更に体調が悪化してしまった人が最近増えています。
そんなストレスとうまく付き合って毎日をスッキリと過ごして
いただきたい、そんな気持ちを込めてこのCDを作りました。
これを聞きながらリラックスして痛風を改善して下さいね。
※冊子版の購入者の方のみ入手していただけます。


 


 

よくいただく質問をまとめました。

教材はどのような形式で受け取れるのでしょうか?

ダウンロード版は、ご入金確定後メールにてダウンロード先を
ご案内させていただきます。パソコンにてご確認いただけます。
冊子版は、梱包された冊子と【期間限定の特製CD】が入った
パッケージがお手元に郵送される形となります。

事務局も経費を一部負担し、印刷代・送料事務手数料などを
全て含め2,400円でお送りしているため、大変好評です。

家族に、購入した中身を知られたくないのですが・・・

ご安心ください。プライバシーには最大限に配慮するため、
通常の書籍を購入したのと同様の梱包にしておりまして、
商品名などは外側に一切記載しないよう工夫しています。
外から見ただけでは何が入っているのか分からないように
なっているため、配達員の方も、ご近所の方も、ご家族の方も
開封しない限りは中身が分からないようになっています。

インターネットでの申し込みがちょっと不安です。

もしインターネットでのお申込み自体に対して不安をお持ちなら、
その点はご安心ください。お使いのウェブブラウザーとサーバ間の
通信は SSL暗号通信により暗号化されているため、ご記入いただく
内容はすべて安全に送信されます。
クレジット決済がどうしても
気になる方は、若干タイムラグが発生しますが、銀行振り込みや
BitCashなどにも対応しておりますのでそちらをご利用下さい。

先に払うのは不安なので、商品と引き換えに支払ってもいいですか?

はい、大丈夫です。商品と引き換えにお金を配達員さんにお渡しいただく
「代金引換郵便」も可能です。その際は通常の金額に加えまして、
代引手数料350円だけご負担いただくことになりますのでご了承ください。
配送の件など、ご質問に関しては【電話代無料】の0120-972-948まで
事前にお問い合わせいただきますとより確実です。
電話はちょっと・・・
という場合、お問い合わせページよりお気軽にご質問ください。

時間や場所の制限はありますか?

苦になるようなやり方、ストレスを感じるような方法では実際には
長続きしません。これまで実践されてきた多くの方がそうおっしゃって
いますが、それでは毎日が憂鬱になってしまいますよね。
今回私がお伝えする方法は時間や場所を選びません。場所も自分の部屋で
大丈夫ですし、リラックスをした環境で行なっていただいて大丈夫です。
そんな時に付属のCDもお役に立てると思います。

配送方法、配送時間の指定などについて相談できますか?

もし何かご事情があり、確認されたい内容がありましたら、お気軽に
フリーダイヤル 0120-972-948 までご連絡ください。デリケートな
内容を扱っておりますので、出来る限りご要望にお応えしていきたいと
考えております。
受付時間外の場合も、メッセージをお残しいただければ
改めてご連絡差し上げることも可能です。

こんな私でも本当に今のつらい症状をなくせますか?

このページにも実践者の方の喜びの声を多数掲載しておりますが、
皆さん個々のシチュエーションは違っても、抜群の成果が出ています。
非常に多くの方に“痛風改善のバイブル”として使われている
実績があります。もしひとつだけ、成功した皆さんの間に共通項が
あるとすれば、それは「今の状況を変えたい!」というご自身の思いを
受け止め本気で実践した方々である、ということが言えると思います。




 

皆さんの喜びの声をご紹介します!




3信じて実践し続けて本当に良かったです!
(山形県 島田様)

インターネットで通風のことを調べていたら、
北条先生のサイトを偶然見つけたのがきっかけで通風改善に取り組み始めました。

先生の方法を実践する前は、夜も眠れない位足の親指の付け根に
ものすごい痛みを感じ、一日中できるだけ動かないように過ごさなければならず、
大事な会議がある日だったのに出席できなかった事があり、毎日悩んでいました。

このままではもっと仕事に支障をきたしてしまうと恐くて、どんな難しい方法でも
実践するしかないという覚悟をしていました。

しかし、実際の方法はとても簡単で、思ったより取り組みやすかったです。

今では尿酸値が下がって痛風の発作も再発しなくなり、
いつ起こるかわからない激痛におびえることがなくなりました。

プライベートでも、連休に妻と温泉に出かける事ができるほどにまで良くなり、
生活にも全く支障がありません。

先生を信じて実践し続けて本当に良かったです。
ありがとうございました。

「さっそうと歩けることの大切さを実感しています」(千葉県 三浦様)
いただいたお手紙





最後に、お伝えしたいこと



痛風による痛みは、あなたの生活から快適さと笑顔を奪い、
いつ起こるか分からない発作の恐怖は、様々な形で生活にストレスをもたらします。

もし、こんな痛風が今すぐ改善されたら・・・

通院しつつ薬を一生飲み続けて何とかやり過ごすしかない、とあきらめてしまって
現状を受け入れるのではなく、少しでも良くしたいですよね。

しかし、それは夢ではなく、自分次第でできるものなのです。

みなさん、最初は
「本当に、私でも痛風を改善することができますか?」と
不安そうな顔をしています。

しかし、実際に痛みがとても軽くなってしまった時、
まるで、子供のように嬉しくて大喜びしてしまうでしょう。

そして、この「痛風革命」は、
今までに痛風を改善した方々と同じように
あなたの悩みも解決してしまう自信があります。

何も対策をとらないと、だんだん痛みが悪化していくだけというツラい現実。
多くの方が実践してきたこの内容をあなたも試してみませんか?

もし、あなたが、
「いつまでも悩まず、この機会に痛風改善に取り組みたい!」
と思うのでしたら、全力でバックアップさせていただきます。

ここまでお読みいただき、本当にありがとうございました。

syozai01 syozai01